クリーン・ランゲージとシンボリック・モデリング

クリーン・ランゲージを使ったシンボリック・モデリングの面白さを紹介します。

2018 クリーン・ランゲージ&瞑想リトリート

10月初旬に開催した“「真の自分の道」を見出し生きるためのビジョ二ングと変容の旅”は、好評のうちに幕を閉じました。

 

このコースはもう一人のトレーナー、松田依子と二人でじっくり温めてきた内容のものであるため、「年に一度は開催してください。毎年来ます。」「クリーン・ランゲージの練習生の人たちにも勧めたいです。」「こういうコースを企業のトップが受けると良いと思う。紹介させてください。」などの感想をいただいたことは、私たちにとって大きな励ましです。

 

定員6~8名という少人数制なので、今回参加できなかった方たちから、「次回開催にはぜひ」という声をいただいており、2018年2月連休に、クリーン・ランゲージ&瞑想リトリート と名称を変え、開催が決定しました。

 

会場は、長野県松本市 崖の湯温泉 薬師平茜宿です。源泉かけ流し温泉と、ゆったりとした館内のスペースが、インナーワーク(内省)の大きなサポートとなるでしょう。

私たちが下見に行ったときに、「食事の量を少なめに」という選択肢が準備されていたことや、もちろんお料理の味も満足の行くものだったことは、大きな決め手だったかもしれません。

 

瞑想を取り入れることの利点について

 

クリーン・ランゲージの連続セッションを提供するファシリテーターが、一定のホールド力を保っていることはもちろん大切な要点ですが、同時に、クライアント側にも自分の内側を見つめるためのホールド力が求められます。

そこをサポートするのがOsho瞑想です。

Osho瞑想は、基本的に「忙しい現代人」の思考をいかに短時間でくつろがせるか、という点において非常に良く考察されています。

簡単に言うと、まずアクティブな動きをして心身の緊張を溶き、それから静かに坐るということをします。

マインドフルネスを提唱する集まりの多くで使われている瞑想は、反対に、いきなり坐ろうとする。坐っている時間は20分だけれども、大抵は緊張のまま坐るので、疲れて来るだけで、終わってからホッとする、という類いのものです。

真の瞑想体験がないと、そういうことになります。

瞑想リトリートでは、1時間の瞑想を、リフレクションの時間と併用して用います。その間、意識マインドの次元では“何も考えない”ことで、無意識の次元で物事が整理されていくことを促すのです。

 

クライアントのアウトカムに向けて働きかける

その前に、もちろんクライアントは、あるアウトカム(望んでいる結果)、つまり何がどうなって欲しいか? ということにフォーカスします。そこに向けて意識をシフトするだけでも、大きな気づきを得る人もいます。

「これまでどれほど他者優先だったか」。あるいは、「夢ばかり追いかけていたけど、ほんとうに起きて欲しいことは“今ここにある幸せ”だった」など。

人は実に周囲に起きること、多くの情報、他者の意見や判断に多大な影響を受けているかということですね。

一部のコーチングや、目標達成プログラムにありがちな、理想とする誰かを真似るなどという安易なものではなく、クリーン・ランゲージを使ったシンボリック・モデリングは、“個人のメタファー”を媒体にした手法なので、その人が自分自身の力で自分の内側にある答えを見い出すという、明確で、確固としたところに帰結します。

 

見い出した答えそのものよりも大切なリフレクションの時間

 

セッションは期間中好きなだけ受けられますが、一つのセッションが終わったときに、どこにフォーカスを保っておくか、というのは一つの大きなカギです。その意味でファシリテーターはある課題を伝えます。

それを見つめるとき、最初にやりがちなことは分析です。「ここがこうだったから、うまく行っていなかった。」という反省と共に、「次からはこうしなければ」という判断がやってくる。

それは思考のレベルで起きることですが、大切なプロセスはそこではなく、静かに【見守っている】ことなのです。

これまである意味フィックスされていた思考がゆるみ、言わば水底から沸き起こって来る新しいエネルギーのために海底が揺れ動き、波が立ちます。

感情的には大なり小なり不安定な状態になるのですが、しばらくすれば落ち着くので、その間に「何もしないこと」が肝心です。

Osho瞑想では基本的に「何もしないこと」を教えます。始めに、思考が入り込む隙がないほどアクティブな状態に保ち、それから静かに坐る。

その深い観照の時間に、沸き立った波も静かになってゆき、その静寂の中で「ハッ」とした気づきが起きるのです。

そこから次のセッションの準備ができる、というプロセスは、とても有機的で、かつ創発的なものです。

 

真のセッションギバーを育てるために

 

クリーン・ランゲージ・ジャパンが提供する「クリーン・ファシリテーター養成ベイシック 」は、長期的に日本社会に貢献できる人材を育てることをアウトカムとしています。クリーン・ランゲージを使ったシンボリック・モデリングがワンツーワンの技法であるがゆえに、その講義の中には、技法そのものの習得だけではなく、むしろそれ以上にファシリテーター自身が「インナーワーク」を怠らない、という姿勢を持っていただけるように指導しています。

私がさまざまな瞑想のコースを開催しているのも、それが少しでも内省のサポートになるであろうというコンセプトに基づいていますが、実際に技能を伸ばしていく生徒さんたちは明らかにその機会を上手に使ってくださっています。

また企業ぐるみで社員の育成に役立っててくださる方たちも増えてきました。6人以上集まればグループ指導も致します。

ご興味のある方は、ここをクリックしてお問い合わせください。

 

ファシリテーター養成ベイシックに関するご質問なども随時受け付けております。

 

クリーン・インタビュー体験レポート(どちらが主役か?)

一般のインタビュー VS クリーン・インタビュー

 

f:id:dasosaito:20170910071607j:plain

 
 先日、元編集者の友人に「瞑想に関する本を書く」という想定で、疑似インタビューをしてもらいました。私の意図は、一般的に編集者がどんなことを聞こうとするのか? それに対して自分がどのように応答するかを記録することでした。

 そして、その後にクリーン・ランゲージの問いを使ったクリーン・インタビューというものをアメリカのシャロン先生から受け、二つがどんなふうに違うのかを比較して検証するというのが的だったのです。

 

 これまでに何度か本の執筆と出版の経験がある私は、編集者が【さまざまな要約をしなが】つまりはこちらの伝えたいことを非常に上手にまとめてくださりながら、【彼らの考え】をそこに追加していかれることに気づいていたので、もしここにクリーン・ランゲージという手法を使ったら、どんな違いが生じるかを知りたかったのです。

編集者の意図

 編集者の彼はまず「瞑想を一言で説明してほしい」と言いました。次に「マインドフルネスなど他の瞑想とどこが違うのか?」「それ(マインドフルネス)がハイパフォーマンスのためや、つろぐためだとしたとき、あなたの言う瞑想はどんな効果があるのか?」「その瞑想をする目的は何か?」などなど、ある程度予想した質問を投げてくれたのです。

 

 私は聞かれるままに答えながらも、クリーン・ランゲージの魔法の問い「何が起きれば良いのか?」を尋ねてくれたらいいのにと思っていたものです。もちろん編集者として知っておかねばならないことはあると思うし、その方向に導きながらの質問をすべきなのは納得です。

 

 彼はずっと私の説明を要約しつつ、「そこは本の解説に使えるね」とか「もうちょっと具体的に説明しないと一般人にはわからない」など、彼の意見を述べてくれたので、私の説明も徐々に具体化していったのですが、基本的にリードするのは質問者(彼)で、回答者(私)の隠れた意図が表面化するまでにかなりな時間を要した気がしました。

 

 それに結果的に得た「具体案」は純粋に私のものではなく、いわば編集者との共作とも言えるものだったので、奇妙なことにその結論は私の中に残らず、後日文字起こしをして初めて、「ああ、こういうことを話していたんだな」と思い出せたのです。

 

話し手の伝えたいこと

 さて、翌日受けたクリーン・インタビューなるものは、基本的にはリソースに働きかけるものですが、何と、私の予想をはるかに超えて、本の構想がかなり具体化したのにはびっくりです。その内容に関しては、また折を見て書きたいと思っていますが、大きな違いは、リードするのは話し手である「私」で、先生は私の言葉を反復しながら、クリーンな問い「○○をすることで何が起きればいいの?」とか「その○○について他に何かあるか?」「どんな種類の○○か?」などをたんたんと聞いてくださったので、私はとてもくつろいで自分の構想を語れたのです。

 最初の体験と違って、私は自分の書くことに自信を見い出し、やる気になりました。かなり具体的なものになっており、あとは書くだけなんです。

 

 クリーン・ランゲージ技法の活用性にあらためて目覚めた私は、12月にはイギリスでシステミック・モデリングを、1月にはクリーン・インタビューのトレーニングに参加しますが、そのハードスケジュールの中、執筆の時間も取ってあったことに気が付き、思わず自分自身の豊かなリソースを両手で抱きしめたものです。

 

自分自身の可能性に気づいてほしい。

 

自分自身がどれほど豊かなリソースを培ってきたかに目覚めて欲しい。

 

それはあなたの手の内にすでにあるのです!

 
 
2018年1月5~8日にも開催予定
 

f:id:dasosaito:20170910072034j:plain

クリーン・ランゲージを習得すると、人を見る目がどんどん変わってゆくのです

クリーン・ランゲージとの出会い

それは今から5年前になります。当時私がオーガナイズしていたヒプノセラピーのコースで来日していた先生が、「クリーン・ランゲージという技法が最近うわさになっている」と教えてくれたのです。それが「メタファーを媒体にして相手の望みを解き明かしていく技法だ」と知ったときに、私は「これこそ私が探していたものだ!」と閃いたいのです。

 

ヒプノセラピストの時代から、私は自分の声のパワーに気づいていました。自分が「トーキングトランス(目覚めたまま変性意識状態に導くこと)」に向いていると感じていたこともあり、すぐにトレーニングを受けることを決めたのです。

 

アメリカ、イギリス、日本、再びイギリスを数回訪問、オーストラリア、つい先日もイギリスを訪問ーー現在に至るまでの動きは実にスピーディーでした。

 

クリーン・ランゲージは、まさにメタファーという媒体が次なる学びを知らせてくれるかのようでした。学べば学ぶほど自分自身の持つ可能性への関心が育つのです。それは決して目的達成などではなく、もっと有機的なものです。生きているからこそ、自分の中が変化し、その変化の過程の中で「私」を寛容に受け入れることができるのです。

 

おもしろすぎる!

参加者の方たちを観察していても、同じことが言えます。人々がどんどん変わってゆくのです。というよりも、こちら側の見る目が変わってゆくのでしょう。

 

自分がこちら側の勝手な解釈で相手を判断しない分、そのままの「彼」が見えて来る。すると、お互いの間の壁は必要ではなくなるのです。

 

先日あるコースで、いみじくもそのことに言及した方がいました。「DASOっておもしろい人ですね」と言った後に「あ、呼び捨てにしちゃった!」「何でだろう? すごく自然に言葉が出ました!」とびっくりしていらしたのですが、しばらくしてから「今までは自分が何か防衛していたんだと思う」とおっしゃったのです。

 

クリーン・ランゲージのクリーンとは?

それは「汚染しない」という意味を持っています。自分の側の勝手な判断で相手の領域を汚さない、ということなのですが、これがなかなかむずかしい、というのも、私たちは人と接するときに、ごく当たり前に前提を持つようにできているからです。それは決していけないことなのではなく、ただそれに気づいていることが大切。

 

クリーン・ランゲージで求められる二つのことーー。

①相手の言葉を反復する。

②文脈に合ったクリーンな問いをする。

 

これをやるためには、自分の前提にかまっている暇はありません。ゆえに、クリーン・ランゲージをマスターしていくと、どんどん前提を脇に置くようになるのです。つまり、クリーン・ランゲージの使い手は同時に「前提からモノを言わない人」になってゆく。それと距離を置くようになるので、より相手が良く見える、ということです。

 

1日体験会:クリーン・ランゲージのクリーンな問いから試してみてください。

www.reservestock.jp

 

クリーン・ファシリテーター養成パート①は講師二人体制の完全個人指導です。元弁護士の松田依子、熟練セラピストの斎藤ダソという異色の組み合わせは、全く違った視点からの指導を可能にしています。

www.reservestock.jp