クリーン・ランゲージとシンボリック・モデリング

クリーン・ランゲージを使ったシンボリック・モデリングの面白さを紹介します。

クリーン・インタビュー体験レポート(どちらが主役か?)

一般のインタビュー VS クリーン・インタビュー

 

f:id:dasosaito:20170910071607j:plain

 
 先日、元編集者の友人に「瞑想に関する本を書く」という想定で、疑似インタビューをしてもらいました。私の意図は、一般的に編集者がどんなことを聞こうとするのか? それに対して自分がどのように応答するかを記録することでした。

 そして、その後にクリーン・ランゲージの問いを使ったクリーン・インタビューというものをアメリカのシャロン先生から受け、二つがどんなふうに違うのかを比較して検証するというのが的だったのです。

 

 これまでに何度か本の執筆と出版の経験がある私は、編集者が【さまざまな要約をしなが】つまりはこちらの伝えたいことを非常に上手にまとめてくださりながら、【彼らの考え】をそこに追加していかれることに気づいていたので、もしここにクリーン・ランゲージという手法を使ったら、どんな違いが生じるかを知りたかったのです。

編集者の意図

 編集者の彼はまず「瞑想を一言で説明してほしい」と言いました。次に「マインドフルネスなど他の瞑想とどこが違うのか?」「それ(マインドフルネス)がハイパフォーマンスのためや、つろぐためだとしたとき、あなたの言う瞑想はどんな効果があるのか?」「その瞑想をする目的は何か?」などなど、ある程度予想した質問を投げてくれたのです。

 

 私は聞かれるままに答えながらも、クリーン・ランゲージの魔法の問い「何が起きれば良いのか?」を尋ねてくれたらいいのにと思っていたものです。もちろん編集者として知っておかねばならないことはあると思うし、その方向に導きながらの質問をすべきなのは納得です。

 

 彼はずっと私の説明を要約しつつ、「そこは本の解説に使えるね」とか「もうちょっと具体的に説明しないと一般人にはわからない」など、彼の意見を述べてくれたので、私の説明も徐々に具体化していったのですが、基本的にリードするのは質問者(彼)で、回答者(私)の隠れた意図が表面化するまでにかなりな時間を要した気がしました。

 

 それに結果的に得た「具体案」は純粋に私のものではなく、いわば編集者との共作とも言えるものだったので、奇妙なことにその結論は私の中に残らず、後日文字起こしをして初めて、「ああ、こういうことを話していたんだな」と思い出せたのです。

 

話し手の伝えたいこと

 さて、翌日受けたクリーン・インタビューなるものは、基本的にはリソースに働きかけるものですが、何と、私の予想をはるかに超えて、本の構想がかなり具体化したのにはびっくりです。その内容に関しては、また折を見て書きたいと思っていますが、大きな違いは、リードするのは話し手である「私」で、先生は私の言葉を反復しながら、クリーンな問い「○○をすることで何が起きればいいの?」とか「その○○について他に何かあるか?」「どんな種類の○○か?」などをたんたんと聞いてくださったので、私はとてもくつろいで自分の構想を語れたのです。

 最初の体験と違って、私は自分の書くことに自信を見い出し、やる気になりました。かなり具体的なものになっており、あとは書くだけなんです。

 

 クリーン・ランゲージ技法の活用性にあらためて目覚めた私は、12月にはイギリスでシステミック・モデリングを、1月にはクリーン・インタビューのトレーニングに参加しますが、そのハードスケジュールの中、執筆の時間も取ってあったことに気が付き、思わず自分自身の豊かなリソースを両手で抱きしめたものです。

 

自分自身の可能性に気づいてほしい。

 

自分自身がどれほど豊かなリソースを培ってきたかに目覚めて欲しい。

 

それはあなたの手の内にすでにあるのです!

 
 
2018年1月5~8日にも開催予定
 

f:id:dasosaito:20170910072034j:plain

クリーン・ランゲージを習得すると、人を見る目がどんどん変わってゆくのです

クリーン・ランゲージとの出会い

それは今から5年前になります。当時私がオーガナイズしていたヒプノセラピーのコースで来日していた先生が、「クリーン・ランゲージという技法が最近うわさになっている」と教えてくれたのです。それが「メタファーを媒体にして相手の望みを解き明かしていく技法だ」と知ったときに、私は「これこそ私が探していたものだ!」と閃いたいのです。

 

ヒプノセラピストの時代から、私は自分の声のパワーに気づいていました。自分が「トーキングトランス(目覚めたまま変性意識状態に導くこと)」に向いていると感じていたこともあり、すぐにトレーニングを受けることを決めたのです。

 

アメリカ、イギリス、日本、再びイギリスを数回訪問、オーストラリア、つい先日もイギリスを訪問ーー現在に至るまでの動きは実にスピーディーでした。

 

クリーン・ランゲージは、まさにメタファーという媒体が次なる学びを知らせてくれるかのようでした。学べば学ぶほど自分自身の持つ可能性への関心が育つのです。それは決して目的達成などではなく、もっと有機的なものです。生きているからこそ、自分の中が変化し、その変化の過程の中で「私」を寛容に受け入れることができるのです。

 

おもしろすぎる!

参加者の方たちを観察していても、同じことが言えます。人々がどんどん変わってゆくのです。というよりも、こちら側の見る目が変わってゆくのでしょう。

 

自分がこちら側の勝手な解釈で相手を判断しない分、そのままの「彼」が見えて来る。すると、お互いの間の壁は必要ではなくなるのです。

 

先日あるコースで、いみじくもそのことに言及した方がいました。「DASOっておもしろい人ですね」と言った後に「あ、呼び捨てにしちゃった!」「何でだろう? すごく自然に言葉が出ました!」とびっくりしていらしたのですが、しばらくしてから「今までは自分が何か防衛していたんだと思う」とおっしゃったのです。

 

クリーン・ランゲージのクリーンとは?

それは「汚染しない」という意味を持っています。自分の側の勝手な判断で相手の領域を汚さない、ということなのですが、これがなかなかむずかしい、というのも、私たちは人と接するときに、ごく当たり前に前提を持つようにできているからです。それは決していけないことなのではなく、ただそれに気づいていることが大切。

 

クリーン・ランゲージで求められる二つのことーー。

①相手の言葉を反復する。

②文脈に合ったクリーンな問いをする。

 

これをやるためには、自分の前提にかまっている暇はありません。ゆえに、クリーン・ランゲージをマスターしていくと、どんどん前提を脇に置くようになるのです。つまり、クリーン・ランゲージの使い手は同時に「前提からモノを言わない人」になってゆく。それと距離を置くようになるので、より相手が良く見える、ということです。

 

1日体験会:クリーン・ランゲージのクリーンな問いから試してみてください。

www.reservestock.jp

 

クリーン・ファシリテーター養成パート①は講師二人体制の完全個人指導です。元弁護士の松田依子、熟練セラピストの斎藤ダソという異色の組み合わせは、全く違った視点からの指導を可能にしています。

www.reservestock.jp

 

 

 

 

 

 

 

”何でもできる”と”これが好き”とは別次元 

昔から器用な方だったと思います。好奇心旺盛なこともあり、何でも一度はチャレンジしてみたい。

 

たとえばコンピュータの出現と共にワープロを手放し、カセットデッキからCDへ。

 

iPodだろうがPadだろうが手当たり次第に触ってみて、Windowsに飽きたらMacにし、使い勝手の良し悪しにブツブツ言いながら結局両方持つ羽目に。

 

iPhoneはもちろん(笑)7の赤、iPad Proは画像きれいだし、音も良いので今のところこのセットはお気に入り。

 

HPは実にあれこれ作りましたね。ブログも相当書いたと思う。フォトショップも使いこなせると結構遊べます。

 

瞑想、セラピーグループは受けていない種類を数えた方が早いくらいだし、資格ならヒプノセラピーや家族セラピー以外にも、ヨガティーチャー、アユルベディックマッサージ、その他諸々あります。

 

日本国内なら行っていない県を数えると、青森、秋田、岩手だけ。それ以外は全部の県を訪問しています。ちなみに北はまだ札幌どまりだけど、南は最西端の与那国島まで入ってます。

 

世界となるとまだ22の国だけですが、年に最低2度ペースになってきたので、きっと回数は多い方ですね。

 

さて、こんな私がモットーとしていることは気になったものは一度は体験してみるということ。人体実験も含めて、自分で味わい、嗅ぎ、触れて、感じて、その実験結果を検証し、納得したものだけを、私が本当に心から愛している人々ーー日本人という人々ーーに伝えることが至上の歓びなんです。

 

ゆえに

cleanlanguage.jp

 

ゆえに

www.reservestock.jp

 

私が”これが好き”って言うとき、それはもう確信に満ちた”これが好き”なんです。

 

 

合掌ーー。