クリーン・ランゲージとシンボリック・モデリング

クリーン・ランゲージを使ったシンボリック・モデリングの面白さを紹介します。

”何でもできる”と”これが好き”とは別次元 

昔から器用な方だったと思います。好奇心旺盛なこともあり、何でも一度はチャレンジしてみたい。

 

たとえばコンピュータの出現と共にワープロを手放し、カセットデッキからCDへ。

 

iPodだろうがPadだろうが手当たり次第に触ってみて、Windowsに飽きたらMacにし、使い勝手の良し悪しにブツブツ言いながら結局両方持つ羽目に。

 

iPhoneはもちろん(笑)7の赤、iPad Proは画像きれいだし、音も良いので今のところこのセットはお気に入り。

 

HPは実にあれこれ作りましたね。ブログも相当書いたと思う。フォトショップも使いこなせると結構遊べます。

 

瞑想、セラピーグループは受けていない種類を数えた方が早いくらいだし、資格ならヒプノセラピーや家族セラピー以外にも、ヨガティーチャー、アユルベディックマッサージ、その他諸々あります。

 

日本国内なら行っていない県を数えると、青森、秋田、岩手だけ。それ以外は全部の県を訪問しています。ちなみに北はまだ札幌どまりだけど、南は最西端の与那国島まで入ってます。

 

世界となるとまだ22の国だけですが、年に最低2度ペースになってきたので、きっと回数は多い方ですね。

 

さて、こんな私がモットーとしていることは気になったものは一度は体験してみるということ。人体実験も含めて、自分で味わい、嗅ぎ、触れて、感じて、その実験結果を検証し、納得したものだけを、私が本当に心から愛している人々ーー日本人という人々ーーに伝えることが至上の歓びなんです。

 

ゆえに

cleanlanguage.jp

 

ゆえに

www.reservestock.jp

 

私が”これが好き”って言うとき、それはもう確信に満ちた”これが好き”なんです。

 

 

合掌ーー。 

 

どんな仕事をしているかは問題ではない。 あなたが何をしていても、その中で目覚 めているかどうかだ。

 

上司が嫌だ・新入社員は使えない・話通じないし~・この会社では自分の技能が生かせないーーなどなど、ともかく仕事が面白くないのだ! という愚痴をあちこちで耳にします。

 

それらは基本的に「愚痴」であって、そんなところにいる人は、根本的に自分の人生に責任を持っていないです。

 

あなたは良いね、自由で。好きな時に海外に行けて。仕事も順調で。自分の好きな仕事をして。なんて言われちゃうと、ほんとうにハートが痛みます。

 

私がどんな努力をしてきたのか? 持ち得る限りの勇気を集めてジャンプしたのかなどは、だれにもわからないことです。

 

 

最終的に一人になっても良いというくらい大好きで、一人でもできて、やっていて楽しいことの方に、一歩ずつゆっくりと足元を確かめながら進んできて、気が付いたらそこは私が望んでいた場所だった。というのが真実です。

 

その一部始終を見守ってきた”目撃者”が私の背後にあります。

 

それは私のリソースであり、守護者であり、魂のよりどころなので、それがある限りは、どんな仕事をどんなふうにやっていくかは大して重要ではないです。

 

でも、それがあるからこそ、好きなことを、好きな時に、好きなようにやっていける、というのは間違いありません。

 

だから、「自由で良いね」って言われると、「うん、良いよ~」って明るく応えることになるのです。

 

さて、こういうときに役立つクリーンな問いを紹介しましょう。

 

静かな場所で、真っすぐに立ちます。顔を正面に向けて、周辺視野でまっすぐ前を向く。この姿勢で自分のハートに尋ねます。

 

で、私は何が起きればいいだろう? と。 

 

よろしければ、クリーン・ランゲージ講座のページでシェアしてみてください。

 

 

 

www.reservestock.jp

クリーン・ランゲージのクリーン(汚さない)について

 

クリーン・ランゲージの”クリーン”にはそような意味が含まれていますが、この名付け親はもちろんこの技法の発案者デイヴィッド・グローブです。 

 

だれもが「何だろう?」って首を傾げる。あるいは感覚的に「何か良いこと」「正しいこと」というふうに受け止めがちな、不思議な力を持った言葉です。

 

==============

 

私たちはつねに自分の側の前提を持っていて、それに気づいているか、いないかで、人とのコミュニケーションの仕方が変わってきます。

 

では「前提を持つ」のはなぜでしょう? 簡単に言うと、何かの情報がやってきたときに、それは新しいことなので、当然自分自身がわかっている、知っていることと照合して処理することになります。

 

先日「クリーン・ランゲージとはどういう技法か?」という話になったときに、「コーチング技法の一種ですか?」と問われたのですが、その人は「コーチング」という技法をどこかで見聞きし、それなりの知識があるから、それと照らし合わせて、どこが似ていて、どこが違うのか、という説明があると理解しやすいと感じて、このように尋ねられたのだと思います。

 

でも、もしそのような知識が一切ない人だと、「一言で言うとどういうこと?」と尋ねることになるでしょうね?

 

つまり相手の(知識という)情報量の度合いによって、話の流れは変わってくるわけです。

 

ついでに言っておくと、クリーン・ランゲージそのものは、どのようなカテゴリーにも属さない、あるいは「人にセッションを提供するためのさまざまな技法」の持つ要素すべてを含んだ「新しい技法」だと私は捉えています。

 

また、さまざまな技法ーー催眠療法、コーチング、セラピーなどが求めている「クライアントの世界に介入しない形で」「相手に耳を傾け」「本人が向かいたい方向に向かっていく」ことをサポートするために、「変化や気づきが起こり得る土台を作る」ことを技法の中に取り込んだ、という意味で新しいのです。

 

クリーン・ランゲージの学習は、自分がどれほど狭い世界で生きているかに気づかせ、一度も目を向けてこなかった自分自身のリソース(能力)に目覚めさせます。

 

自ずと自分のことが好きになり、そのままの自分を抱きしめてあげたくなる。そのせいでしょうね。私と松田依子の周りで育ってきているクリーン・コミュニティーのメンバーは、いろんなことにチャレンジし、お互いを高め合い、クリーンな交流の中ですごく熱心に練習会にも参加し続けているし、交換セッションも盛んに行われていて、実にほほえましいです。

 

 

先にあげたクリーンの要素の中で、もっとも大切なことは、本人が向かいたい方向にかっていくことをサポートするために、変化や気づきが起こり得る土台を作るということですが、このとき、セッションを提供する側の前提や判断や要約があると、本人が望んでいることを微妙に汚染する可能性があるということに、グローブは気づいたのです。

 

極端な場合は「あなたがどうすればいいか、私は知っている」というスタンスだったりもしますが、それは「人をサポートする」のではなく「自分の自我をサポートする」ことではないのでしょうか?

 

もちろんどんな人も困っている人を助けたいと思うし、何とかがんばってほしいと願う気持になるのは自然なことですね。ただ、本人がどんなふうな内なる物語を持っているのか? そこに本人の注意を向けることこそが、何よりも安全に、正確に、そして無理のない形で、その人自身の変容に向かうことなのだと、私たちクリーン・ファシリテーターは信じるのです。

 

クリーン・ファシリテーター養成ベイシック・パート①②はもうじきスタートします。

 

www.reservestock.jp

 

www.reservestock.jp