読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリーン・ランゲージとシンボリック・モデリング

クリーン・ランゲージを使ったシンボリック・モデリングの面白さを紹介します。

エマジェント・ノレッジ

エマジェント・ノレッジ 依存心からの自立

エマジェント・ノレッジという技法

 

クリーン・ランゲージとシンボリック・モデリングの中級編でやるクリーン・スペース、そして、エマジェント・ノレッジという技法は非常に興味深いです。どちらも似た技法ですが、その基本的概念はエマジェント・ノレッジ(わき出てくる知識とでも言えるでしょうか?)なので、ここではそれを取り上げます。

 

どちらの技法も、インストラクションを読めば良いだけなので、だれでもファシリテイトできます。それでいてちゃんと作用するんです。しかも、エマジェント・ノレッジの方は、もしクライアントがそれを望むなら、問題を口にせずに働きかけることができます。このワークをしたことがある人は、みんなその作用におどろきます。

 

以下は数年前に収録した画像ですが、何となくそのエッセンスは感じ取れると思います。(参加者同意の上で公開しています) 

 


クリーン・スペース - YouTube

 

エマジェント・ノレッジについて他に何かありますか?

たとえば、アリの巣作り、何もない土地に自然発生的に都市が作られて行くことなどはその良い例です。

 

アリの巣作りを例にとってみましょう。巣に向かって、地面を進むアリの列に踏み入ったりすると、アリたちは一目散に逃げ、途端に列は崩れるのですが、またどこからともなく現れて、列を成しますね。

 

デイヴィッド・グローブのワークでは、クライアントの心理を一つのシステムとして扱います。そのシステムの一部が変わることで、システムの他の部分が作用を受けるというのが彼の言うエマジェント・ノレッジです。

 

依存心からの自立

 

ここで強調したいことは、このことを体験的に理解すると、人はとても自然な形で、自信を見いだし、依存心を脇によけて、自分の足で立つことを学習するということです。

 

以前このワークを受けたクライアントさんが、こんなことを言いました。

 

「今までセラピストさんが言った通りにすることが自立の道だと思っていたんですけど、それって考えてみれば変ですよね? (このセッションを受けて)自分がこれほどまでに自分のことをわかっていたんだって気がつけたから、足元がしっかりした感じです!」

 

この方は自分はセラピーに依存していると言っていたのですが、今では、クリーン・ランゲージの学習に興味を持ち始めています。

 

依存するものが変わっただけにならないように、ほんとうに受けたいのかどうか、しばらく様子を見ます。ということだったので、私はただ頷いたのです。

 

クリーン・ランゲージとシンボリック・モデリング

 

クリーン・ランゲージとシンボリック・モデリングについて、順序立てて説明したものがこちらです。すぐに読めちゃう長さです。購読申込みはこちらから⇒⇒⇒

 

そして、今ならオンライン講座が受けられますよ。⇒⇒⇒