読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリーン・ランゲージとシンボリック・モデリング

クリーン・ランゲージを使ったシンボリック・モデリングの面白さを紹介します。

システマチック・(体系立てられた)セラピー技法

スティーブ・アンドレアス 無意識の心

  シックス・ブラインド・エレファンツ

 

Six Blind Elephants: Understanding Ourselves and Each Other: Fundamental Principles Scope and Category

 

著者のスティーブ・アンドレアス はNLP界では良く知られた人物ですが、彼は本書の中で6〜7ページも割いてクリーン・ランゲージとシンボリック・モデリングのことを語り、興味深いシステマチック(体系立てられた)セラピー技法だと言っています。先日、スティーブを敬愛するという方が、本書にクリーン・ランゲージのことが書かれていたからという理由で、講座に参加されました。

 

そのご縁で私もこの本を読み始めました。独特の世界観が目の前に展開していく面白さがあって、かなりのめり込んで読んでいます。ただ、読書は私にとって時間との勝負であり、次から次に両脇に本の高さが高くなっていく中で、ため息をついているというのが現状なので、まだまだ読み終わらないでしょうね。

 

こころを変えるNLP―神経言語プログラミング基本テクニックの実践

 

 

邦訳されたこちらの本なら、多くの方に馴染みがあるはずですね。ちょっとでも時間の余裕ができたら、読んでみたい本ではあります。

 

スティーブの言う「スコープ(〔行動・思考・知覚などの〕範囲、領域)の変化がカテゴリーを変える。そして、カテゴリー分けすることでスコープに影響が出る」というコンセプトは非常に興味深いです。

 

まったく、この分野の学習は一生かけても終わりそうにないですが、無意識の心の不思議さに魅了されたかぎりは、進むしかないようです。

 

クリーン・ランゲージとシンボリック・モデリング

 

クリーン・ランゲージとシンボリック・モデリングについて、順序立てて説明したものがこちらです。すぐに読めちゃう長さです。購読申込みはこちらから⇒⇒⇒

 

そして、今ならオンライン講座が受けられますよ。⇒⇒⇒