読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリーン・ランゲージとシンボリック・モデリング

クリーン・ランゲージを使ったシンボリック・モデリングの面白さを紹介します。

依存をやめたら、自分だけが頼り

依存心からの自立 クリーン・ランゲージとは?

サイコアクティブ(精神活性)の場を作り出すクリーン・ランゲージ

 

いまちょうどマリアン・ウェイの著書を訳しているところなのですが、序の部分に非常に興味深い一節があります。要点を抜粋していますので、そのつもりでお読みください。

 

『あなたは、あたかもはじめてのことのように何かを学んだことがありますか? それが、すでにずっと知っていたと気づくためだけに。このことは、私がフランスのある庭ににいた時に起こったことです。そこで私は、私の人生の目的は関係性を可能にすることだと気がつきました。そのときはただびっくりしたような感じがしただけで、なぜそうなのかはわかりませんでした。私はその庭にいて、私の人生の方向性を見つけようとしていました。(中略)

 

私は自分の選んだ道から逸れる傾向を持っていることに気づいていたので、庭に立っていたとき、突然、自分が進む方向に向かって進めたというのは、大切な瞬間でした。その日の夜、私の「メタファーランドスケープ(景観)」を絵に描き、私は正しい方向を見つけるのにとてつもなく長い時間をかけていることに気づいたのです。私の進む方向には、向かっていく対象が何一つなかったのです! そこで私は庭の情景を思い浮かべました。私の前に一本の木があったことを思い出しました。そこで空白の部分にシンボル的な一本の木を植えたのです。』

 

翌日、シンボリズムの本の中の「木」の項目を調べていたマリアンは、以下のことを見つけ出します。

  • 根っこは「地下の世界」のシンボルであること
  • 幹は地球で、上方の枝は天国の光に向かっていること
  • 木の作用は、三つの世界をすべて一つにする、それらの関係性をつなぐこと

 

『「関係性をつなぐことを可能にする」という言葉を読んだとき、私は純粋な気づきを得ました。そうです。私はそのためにここにいるとわかったのです。そして、それはあまりにも偶然起きたことでした。私はただ庭で仕事をしていて、木の方を見ていた。そして、たくさんのシンボルの本の中からたまたま選んだ本が私の人生の目的を「語って」いたのです。スプーキー!(びっくり!)』

 

クリーン・クエスチョンを尋ねるプロセスの中で、ファシリテイター側の不必要な憶測を免れた情報は、「サイコアクティブ(精神活性)」の場を作り出します。そこでは、クライアントが「出来事の偶然性の中で深い意味や、対象物の位置を見いだしやすい」(ローレイとトンプキンズ,2003のです。

 

ファシリテイターは黒子

 

そして、クリーン・ランゲージが他のセラピーとの間に一線を引くのは、「ファシリテイター側の不必要な憶測がない」ことが、よりクライアント自身の中に「サイコアクティブ」の場を作り出す点です。そのことによって、クライアント自身が、メタファーやシンボルからの情報、つまりはクライアント自身の内的世界で起きていることを見つめることができるので、こちら側の出る幕がないんですね。ほんとうに黒子なんです。

 

ところで、私はいまあることを実験しています。それはクリーン・ランゲージを使って文章を書くことです。サイコアクティブな状態で文章を打つとどうなるのか? それがたった今、あなたが読んでいる文章です。

 

私は自分のリソースである3色のマントというシンボルから青色のマントを取り出して、背中にかけています。これは「無意識の心が変わるとき」にチューニングするためのエッセンスを私に与えるマントであり、それはシルクの布でできているからとても軽くて、優雅です。

 

青色に象徴されるのは、高い精神性。。。他のブログのようにあまりジョークやおふざけは出ませんね。でも、しっかり読み応えのある内容で書くことになります。いま機能しているのは脳の中核の部分で、そう、ちょうど英語から日本語に翻訳するときに何が起きているのかをクリーン・セッションしてもらったときに書いた図を思い出します。(こんなふうに一度受けたセッションは永久保存版なんですが、これもクリーンの特徴かもしれません)

 

さてと、今日はこの辺で、マントを脱いで、普通の意識に戻ることにします。クリーン・ランゲージ、知れば知るほどおもしろい。Cool Tool, I tell you.

 

依存をやめたら、自分だけが頼り

英単語の構成ってわかりやすい。

Dependenceが依存でIndependenceが自立でしょ? Inは内側、だから自分を頼りにするってことだよね? 人を頼るのが依存。自分を頼るのが自立。で、クリーン・ランゲージは自分だけが頼りだって、すっごく良くわかるツールなんだよね。ま、一度お試しくださいな。

 

クリーン・ランゲージとシンボリック・モデリング

 

クリーン・ランゲージとシンボリック・モデリングについて、順序立てて説明したものがこちらです。すぐに読めちゃう長さです。購読申込みはこちらから⇒⇒⇒

 

そして、今ならオンライン講座が受けられますよ。⇒⇒⇒