読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリーン・ランゲージとシンボリック・モデリング

クリーン・ランゲージを使ったシンボリック・モデリングの面白さを紹介します。

根っこはハートじゃないかと

無意識の心

マップはテリトリーじゃない!

 

そうやっていちいち反応されてもですね、私は別にあなたに何とかしろって言っているわけではないんですよ。これはあくまで一つの提案でしてね。私が完全に私のマップでしゃべっていることなんだから、いや、だからさ、私の話しに影響されるってそんなのあたりまえでしょ? お互いさまです。(イヤなら読まなきゃいいじゃん。ぶー)そもそもあなたが居心地悪いからって私にどうしろって言うんですか? 

 

こんなふうに、自分を主張しようとするとかならず起きるリアクションについて考えてみたんです。結論から言うと、この文章を読んで笑っている人の態度は正解だと思うんです。

 

鉄則その1

どうしても起きてしまうリアクションに対してシリアスにならないこと。楽しみながら、おもしろくリアクションする。それ笑えるっていうやつね。

 

鉄則その2

あくまで自分のことをしゃべる。それを相手が自分のことのように受け取るのはその人の自由。でも、影響を与えるかもしれないことを「意識」していれば相手への「尊重」または「謙虚さ」などは含まれる。

 

鉄則その3

素直でいること。つまりリアクションしたって気がついたらすぐそのことを相手に伝えること。するとね、その背後にある大人どうしのつながりを取り戻せます。

 

まとめとして

 

私は多くの場合に、そのリアクションは話されているそのことに対する想いがあるからこそ起きると思っています。言い換えると、どうでも良いことにいちいちリアクションしないってこと。自分または相手を大事に思うから自己主張したい。根っこはハートです。

 

それに気づいていれば、リアクションが起きても、次のアクションに移れるんです。