クリーン・ランゲージとシンボリック・モデリング

クリーン・ランゲージを使ったシンボリック・モデリングの面白さを紹介します。

自分との対話というときの「対話」 と人との対話との違いについて

 人との対話

 

これを書いている私は、自分自身ではなく、読み手に意識を持って行っています。

どういうふうに書くと伝わるか? 

わかりやすいか? 

これを書くことで読者に役立つと言えるのか? その要点は何か?

 

つまり自分自身のことはほとんど忘れていて、たとえばキーを打つ合間に飲むコーヒーも、本当に味わっていると言えるのかは自信ないです。 

 

私たちってほとんどそんなふうですよね?

 

自分との対話

11月17日に開催する「クリーン・インクワイアリー」というワークショップは、自分自身との対話に焦点を当てています。

いつもほったらかしにされている「私」の内側の声をどんなふうに聞き分ければ良いのかや、そのレッスンそのものを日常で役立てる方法がわかります。

 

www.reservestock.jp

 

からだとの対話 

その翌日には今度は「からだとの対話」に焦点を当ててゆきます。

 

先日ある症状で病院に行き、医者から手術を宣告された友人が、どうしても納得がいかずに「自分で治そうと決めた」という話がありました。

 

相談を受けた時、私が言ったのは「あなたのからだは何て言ってるの?」でした。そして、私たちは「からだの症状」に焦点を当てて、クリーン・ランゲージのセッションをしたのです。その時期が来たら彼女自身の手記とともに公開したいと思っていますが、私たちが普段忘れがちなことにからだは気づかせてくれます。

それはたとえば、動かしていない部分をさすったりすることや、適度な温度でじっくりと温めてあげることだったり、、、とてもシンプルなことです。

そして、からだがそんなふうに教えてくれるという事実は、ハートにひびく体験です。

 

ただ、体の声と、頭の声を聞き分けるのは実はそんなに簡単なことではありません。その大切な要点を学べるのが、以下のワークショップです。

 

www.reservestock.jp

 

9月末日、つまり今日まで早割対応:参加費から5000円引きです。

※今日中にお申込みをしていただければ、お支払いは明日で大丈夫です。